今の時代に合った不動産投資

昨今の超低金利時代にお金や資金を上手に運用するのは、
実際のところは中々至難のことと言えるかもしれません。

そんな中の一つの手段として、
比較的金利が高い商品に投資信託というのがあります。

その中に特に年間を通して分配率が高い金融商品の一種に不動産関係があります。
これは別名をREITファンドともいって、
一般の人にはチョット聞きなれない言葉ですが、
不動産投信といってREITと称しています。

REITは、

REAL ESTATE INVESTMENT TRUST(不動産投資信託)

の略です。

不動産関係を専門に投資することであり、
また、業務としている会社のことです。

不動産投資信託でも国内を専門に取り扱うことを、

J-REITファンド

とも言っていますが、多勢の投資家から集めた資金で、
大型ビルの建設や運営(オフィスビルや商業施設、マンション)など、
複数の不動産物件を扱っていて、その売買益や賃貸収入、
運用益などを投資家に分配するという仕組みであり、
これらの金融商品を指すことになります。

J-REITというのは投資信託の専門企業(法人)になりますので、
会社として株式化もしており証券取引所に上場されています。
J-REIT関係の会社の株価なども新聞紙上の株式欄に記載されています。

不動産投資に興味のある方は、
REITも選択肢の一つとして検討されてはどうでしょうか。