土地探し

昨日は朝から懇意にしている不動産業者と一緒に、
都内の物件を探していました。

新築で物件を建てようと考えており、
中古物件ではなく土地を探すとなると、
ネットに出ていないものも結構あります。

不動産会社と日頃からコミュニケーションを取っていれば、
レインズにはまだ登録されていない、いわゆる水面下の物件も、
かなり鮮度の高い状況で知らせてくれます。

昨今の不動産価格の高騰によって、利回りが下がり、
ここ最近の中古物件は簡単に手が出せない状況にあります。
また、金融機関の融資状況がかなり厳しくなってきています。

もちろん土地の価格は高い状況にありますが、
新築を建てた方が、ある意味自分の条件に近いものが作れます。

新築で、ということになると、
最近は木造のアパートが主流になっています。

近所でも木造アパートや賃貸併用住宅の新築ラッシュです。

木造のメリットは当然ながら建築コストが安いことに尽きるでしょう。
一方で、木造の法定耐用年数は22年ですから、長期の所有には向いていません。
また、新築なので最初の数年はメンテナンスがほぼかかりませんが、
木造は傷みやすいので、10年もすればそれなりにメンテナンス費用がかかってきます。

RCは建築コストが高いので利回りが低くなりますが、
法定耐用年数も47年ですし、長期保有に向いていますし、
実際の物件自体も木造よりかははるかに価値が保たれます。

サラリーマン大家さんブームの影響もあり、
あと数年もするとこれまで建築されてきた木造物件が、
市場にたくさん出回るのではないかと予想しています。

物件の差別化をはかるためにも、RC物件を建築して、
将来のリスクマネジメントをしたいと考えています。