物件の資料請求

不動産投資をしようかという際に、多くの人が若干躊躇しつつやっているものと言えば資料請求ですが、請求を受ける会社もそんなに購入可能性の高い人だなどと考えるわけではないので、思いついたときに頼むのが得策です。

資料請求してみても、一向に好感触のものが出てこず、魅力を感じない物件が多いのですが、物件のやり取りを通して不動産業者とのパイプも作ることができます。問い合わせた物件情報だけのやり取りにとどまらず、必ず自分の探している物件条件や、自分がちゃんと「買える人」だということを伝えておくことが大事です。

色々な不動産業者とやり取りをすることで、業者の質や得意な分野も理解できるようになります。その業者が、「投資としての不動産を見る目」を持っているかどうかも重要なポイントです。例えば、ある物件を購入した場合、初期投資がいくらで、毎月いくらくらいのキャッシュフローで、〇年後に売却sるれば、トータルで〇〇万円になる、というシミュレーションがしっかり提案できるかどうか、ということです。

当然ながら、この視点や考え方は自分でできるようになっていないといけないですが、不動産業者にも持っていてもらいたい要素です。

あとなんといっても「対応のスピード」ですね。いい物件はスピード勝負ですので、とにかくスピーディーに対応ができるかどうかは、いい業者とダメな業者を見極めるうえで重要なポイントです。いい不動産業者を見つけることは、不動産投資の成功に欠かせませんので、こういう観点からも、資料請求等、日々の地道な活動をしっかりやっていきましょう。